フットライトとは

主に廊下や階段などに使用する足元灯のことで、壁面に取り付ける照明だがブラケットが主に壁上部に設置しデザイン、演出優先なのに対して、フットライトは壁面下部に埋め込み、夜間の安全を図ることを主目的とする。周囲が暗くなると自動的に点灯するものや人が近付くのを感知してつく人感センサー付き、地震や停電時の保安灯を兼ねているものなど機能も多様。埋め込み式の他に、既存のコンセントに差し込んで使うタイプもある。