特定街区制度とは

ひとつの街区や地区単位で良好な環境や建築物を整備する為に、特別に容積率や高さの最高限度や壁面の位置制限を定める制度のこと。都市計画法に基づく制度で、一般的な建築基準法の規制は外される。特定街区は都市計画法の地域地区のひとつで、容積率の割り増しや設計の自由度が高まるなど、総合設計制度に似ているが都市計画決定が必要など手続きに手間と時間がかかるため、件数はあまり多くない。