土壁とは

和風建築の伝統的な仕上げ方のひとつで、竹小舞下地に泥で荒壁を塗ったあとに、土で上塗りした壁の総称のこと。土物壁(土物砂壁)、大津壁などがある。土物壁は、地域ごとに色合いや性質の異なる粘土質の色土に砂やスサ(刻んだ麻やわらなど)を加えて水でこねたもの。色土は、じゅらく(灰褐色)、錆土、浅黄などが代表的。単に砂壁という場合は色砂とのりを混ぜたもの。大津壁は、色土に消石灰を混ぜてのりを加えずにこねたもの。