直接照明とは

光源の光を直接あてる照明方法のこと。光源の光の9割以上が下方向に向けられる照明器具を用いており、作業する場所で手元を照らす場合などに効率が高い方法。一方で天井面が暗くなる為、重苦しい印象を与えがち。室内の明るさの分布が偏ってしまう難点もある。照明器具のシェードの素材などによって、また、上方向にも1~4割程度光を通す場合は半直接照明と呼ばれる。この方法では天井にも明るさが出て開放感を演出できる。