価格査定とは

不動産の売却を媒介する場合に於いて、依頼者に助言するなどのため取引価額を算出する行為をい言う。
この場合に、その根拠を示すことが必要で標準的な手法によって取引事例を比較検討して、客観的で実際的な成約見込額を算出しなければならないとされている。一般的には、価格査定のためのマニュアルを用いることが多い。

不動産鑑定も価格の査定を伴い、不動産取引の媒介に当たっての価格査定とは違って経済的価値を判定するものでる。
算出する価額の性質に違いがあることに注意しなければならない。また、不動産鑑定は、価格査定と比べてより専門的、精密な方法で実施される。