赤地とは

登記所に備え付けられている公図において、赤く塗られた部分のこと。
国有地である道路を示す。
本来赤地は国有地であり、一般の宅地にはならないはずだが、長い年月のうちに道路であることが忘れられてしまい赤地を含む敷地に普通の住宅が建っていることも少なくない。